読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定義づけ

「光とは情報であり、愛とは創造である」

 

とある本にあった言葉をなるほど、と思っているこの頃。

 

言葉は解釈の違いが人それぞれものすごくあって、

なのでもどかしくもあるけれど。

 

定義づけるのは何か固定してしまう行為のようだけれど

これをあえてするのが私は好き。

 

固まらないものを色んな容器に”あえて”入れてみて、

そしてそれがその時誰かの奥底に思いもかけず触れたとき、

または自分が触れられたとき、

やっと「皆おんなじ」であるというあたりまえのことを気づかされるから。

 

分離している自分が統合するために言葉が役にたつことがある。

 

でもそもそも皆おんなじということを忘れないでいられるのなら

言葉はいらないのかもね。

言葉が発達したからこそ分離上手になったのかもしれない。

 

それならそれで、まわりくどいけれどその根本原因である言語というものも

使いならして統合を試みたいと思っている。

罠だって知ってるよ~と、確信犯として定義づけに甘んじてみる。

 

一瞬先にはその定義はなくなってることもあり。

自由の身だから養育はできないし、責任もない。

 

まるでムダのようないたちごっこのようなお遊びは

最高の贅沢だと思う。

 

おとなって楽しいな~と思えることのひとつ。