風立ちぬ。。。ホロスコープからみる4つの元素

神聖を見ていくプロセスの中で

この世のあらゆることがツールになるのだけれど、

今回占星術から。

4大元素を統合して第5元素を生み出す。

 

私の場合ですが生れた場所、時間などで占星術の視点から

自分の4大元素の割合をみたところ、

圧倒的に風の要素が強い。

 

風、火、水、土

 

私はその分野は素人なので、冥王星がどうとか火星がどうとかまでは

分析できないのですが大雑把にみても明らかに風~。

 

単に星占いでみずがめ座だからこうこう・・・とかではなくて。

今までの自分を観察し、これからの自分を俯瞰しつつ創造していくなかで

ホロスコープもツールとしてみてみるということ。

 

意識的でいないと陥りやすい

「絶対」 とか 「これはこうだ」 「私はこうだ」

を手放し、多角的な視点を持つにはツールはあればあるほど有効な場合もある。

 

 

で、土の要素が少ない私は(火も割と少ない)そこを見ていくのが

最近のテーマでもあります。

 

平均年齢というものを当てはめたとすれば

人生も中盤から後半にさしかかっている。

 

前半は、まあ、そのままでいけたとしても・・

たとえばですが、土の要素が少なくてもいけたわけです。

楽にそれなりに。

もちろんそのまま意識的にならず過ごすことも可能ですが。

 

たいがい年をかさねるにつれ智慧というものがついてきますが

文明の世の中に生きる人々は

智慧=知識、と勘違いするとういうこともままあります。

 

そうするとどうかというと、体はとても賢いので異変をきたす。

明らかに見た目にもでるし、内側にももちろん。

 

気づければいいのですけれどね。

知識があっても解決できないところを。

そして自覚して取り組まない限りずっとある。

 

自分の痛いところを見ていくことが面白いという思考回路になれば

しめたものです 笑。

まあ、そこはボディーワークにお任せするとして。。。

 

で、土。

 

・いつでもどこにでもあるもの。

・ちょっとやそっとじゃ流されない。

・生命を育む。

・脾臓。

・ゆったりとした循環機能。

・安定感、安心感。

・重さ。色んな質感。

・他の要素(火、火山など。水、洪水など)の働きかけで一度動くとものすごいパワー。

 

などなど・・・

 

足りないもの、というのは苦手な事ということでもあります。

なので逃げていることが多い。

どうせ生きていくのだったら、こっちも統合できたほうが

断然お得だ!と、お得好きとしては思う。

 

そういう見方で日々を過ごすと多くを見逃していたことに驚く。

今まさに「土」の要素を体得していくにはいい状況にいるな、と。

コツコツ、地道に。。。

今やるべきことやりなさいよ~

と言われているような気さえします。