読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷーちんをほんの少しかじりました。

ヨギにお借りし、読みました。

 

プーチン最後の聖戦」 北野幸伯

 

「ぷーちんかっこいいから読んでみる」という軽いノリです。

政治に明るくない自分からは勧んで選ぶことのないだろう本。

 

”この本を読み終えたとき、あなたの世界観は一変しているはずです”

との文句がありましたが、確かに読後見える世界が違うぜよ。(私の場合はあまりに政治にうといせいだとおもいますが。。。)

 

本書には

現実主義  と  理想主義

という文字がたびたび出てきますが、これで二極化するとしたら

 

プーチン → 超現実主義  です。

 

バッサリ、グッサリ、キレがいいねえ。

それなのにプーチン、言い回しが洗練されてるので負けた方(プーチンの戦略によって逮捕されたりした方)に同情できないわ。

詩的な元スパイ。。。

 

そして世界は色々な事が起きていますが多くの悲劇(人為的なこと)の

根源はエネルギー利権(今なら主に石油)にあるよう。

これは結局は恩恵を受けている自分自身の問題でもあります。

 

帯には ”「神」、再臨 ”

なんて。。。プーチン寄り(プーチンファン)の本だったらどうしましょ。。

なんてことはいらぬ心配です。

あらゆる記事からの転記、著者が真実を偏りなく伝えたいという意思が感じられました。

ここでプーチンを「神」と呼ぶのなら

本書での「神」とは「タイムラグのない者」と定義したいところです。

プーチンの曖昧さのない実行力に自分がいかに曖昧(というか、なあなあ)で濁しているかを感じました。

 

すこしづつでもいろんなことを多方面から知る事ができるのは、周りの方たちがそれぞれにいろんな分野に興味があるがゆえ。ありがたいことです。

読んでよかった。ミーハーでよかった。

プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?

プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?