その鞠もまたお道具

赤ちゃんは、

お腹がすいても泣くし、眠くても泣くし

退屈でも泣く。

 

感情なのか本能なのか、その狭間だとも言えるのだろうけれど。

 

お世話は本当に大変。

と思っていたのは、赤ちゃんの感情本能と、自分の感情を切り離せていなかったから

なのだと今なら思う。

 

心の作用に飲み込まれることが

どんなに自分を窮屈にしているか。

自分も赤ちゃんを経験し、人間を長い事やって

いい加減分かっていていいはずなのに

「心や感情は目に見えない」をいいことに、

窮屈な人間は、周りをもそうさせていた。

 

さて、

どんなに気づくのが遅かろうと。

空や、木や、土、動物、虫・・

それら、どうしようもなく大きなものがあるということを支えに

もうしばらく人間をやっていくか〜。

ほんとうのこと、だけを見ることができるように。

 

感情で遊んで、悲しみや怒りでさえも鞠や駒にしよう。

なにもかもをおもちゃにできるように。

自分をあやすことが出来るスーパー赤ちゃんになろう。

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

※お知らせ※ 背骨のヒーリングのモニターを募集しています