9月のエネ学、1日目

キルトバック 

ニュートーキョーでデビューしてみました💫

 

f:id:bobyuki:20170916090754j:plain

 

バブル時に全盛期だったであろうライオン、

ここの椅子に馴染む〜

 

キルトをしてみて分かったことは、

あまりに手間がかかりすぎて量産には限界がある。

 

&

 

それだけ手間をかけてでも

作る楽しみは無限大∞

 

&

 

ほとんど手縫いだから

針と糸があればできる。

 

 

だから〜キルトやろう!みんな♪(だれ(゚∀゚))

 

 

昔むかし、

自分で着たい服を作れるようになりたい、

という動機から文化服装学院に行きました。

 

 

最初はタイトスカート、2番目の課題はシャツ。

いずれもデザインから生地えらび、パターン、縫製の工程を

1人で全部します。

 

1枚のシャツだけでやっとこだった。。

しかも、なるべくパーツを少なく。

裾もカーブは大変だから直線。

と、おさぼり精神を発揮、いえ、

いかに簡単によいものが作れるかに

苦心していました。

 

 

「ケンゾーは、シャツ👔だけで10枚以上作ったわヨ!」

と先生から聞いた時に、

さすが天才は努力も凄い事を知り、

 

ワタシ、ムリ(゚∀゚)。。。

 

デザイナーになりたいとは思ってもいなかったけれど、

とてつもなく異世界だと、(大げさ)

清くあっさりバッサリといろんな事をあきらめました。

 

 

 

ピーコは、課題をお友達にしてもらっていたそうです。

作れないって自伝に書いてあった^ ^

 

 

デザインから仕上げまでの工程、

さらにスタイリング

全て得意だったりする人は多分あまりいなくて、

ほとんどの人の才能は凸凹だと思う。

 

 

超天才だけが情報発信という特権を得ることができた

ケンゾーの時代。

今は一般人が世界に発信できるようになり、

いろんなデコボコ凸凹才能が知れるようになりました。

 

 

型紙作りだけが好き、

デザイン、

色合わせ、

染め、

切る、

アイロン、

ミシン、キルト、パッチワーク、

刺繍、編み物、

宣伝、販売、

サポートすることが好き、

パトロンしたい、

場を和ませたい、

お茶淹れる🍵の好き、

仕事しない、

 

 

 

などなど

それぞれがやりたい事をやって、

生きていけるようになれば、

やりたくない事をやる

不毛なエネルギーが

存在することが難しくなり、

 

 

やりたいこと=楽しいこと

をやるしかなくなるのでは、、、

と思ってます。

 

 

時代の大波は、

乗る🏄‍♀️🏄しか

遊ぶ手段はないよね〜。

 

 

 

そして、

まだまだ私はそこまで

純度高くやりたい事をやれているわけではないし、

超絶幸せ〜とも言えないので、

乗って遊べるようになりたいです。

 

 

 

ハーフリターンの時期(40前後)だからか、

なんかダルくて体調がすぐれない、

と、ここ最近思っていました。

 

 

ですが、今日のクラスで

感情の未処理(ネガもポジも)

が不調の一部、もしかしたら全部かも?

と気づけるくらい

ワーク後は体調が良くなったので、

過去分は処理し続けるのみです。

 

 

まずは近い方からの過去20年分、

必ずやります。

現在分と同時進行だから大変だけれど、

サボっていたツケが

廻ってきただけなので仕方ないです(^◇^;)

 

 

何かいいアイディア💡は、

やりきった時に思いつくかも〜❓

 

 

 

シャツ10枚はムリだけれど、

こちらは、ムリ、とは言えません。

人生を諦めることになるからです。

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

ibarahime.thebase.in