本でセルフヒーリング

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

“感情はエネルギー”

だと、納得できるくらいには理解できてきて、

手に取れない、見えない、コントロール出来ない漠然としていたものに

質量を感じてきた。

そうして物質に近いものだと感じれられるようになってくると、

せっかく湧いた感情を

取りこぼしてしまうのがもったいなくてなってきます。

 

 

すぐに消えてしまう(というか無かったことにしてしまう)感情を

取り上げてワークするのは

なかなか難しいなと思っていたのですが、

「本が使える!!」

と発見。

付箋でチェックしておいた所を見れば、

ストックしていたようにその時の感情を呼び起こせる。

 

 

本を読んで、

感情が動いた所にチェック。

なぜそこで?

どのように?

とWhyをたたみかけていくと、

納得する所に行き着く。

 

 

「へぇー、私は、こういう時にこんな気持ちを持って、こう考えたり感じたりするんだー。」

と、発見した時は、驚きやら安堵やら嬉しさやら諦めやら。

自分を知る事で起きるそれは、

まさしくヒーリング。

これは面白い。

セルフヒーリングできてる。

 

 

 

手塚治の「火の鳥」のマンガをお借りしていて、

読後、どうにもモヤモヤで苦しい気持ちだった。

 

気分悪くなるのも醍醐味なので

どの箇所でそうなるのかを知ろうと思ったのがきっかけ。

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

bobyuki.hatenablog.com