MENU

道(どう)の続き

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

前回の記事

ヨガ道 - ヨガエネ日記

 

一秒一秒、最適な位置を探っていく事は、

一瞬一瞬、快適な状態で在るようにするわけで、

その快適は、リラックスだけではなくて緊張感も含まれている。

最適解というか、最も的確な場所にいる感じ。

 

 

「ラインに乗る」というのは、この延長線なのでは、、、

これが、5チャクラのラインって事??

など、

日々、ほんのちょっとしか練習をやれない根性なしにでも、

線になる前の点が見えてきた。

 

 

自分を最適の位置に配置するというのは、

自分の身体にも心にも、秒単位で寄り添う事。

 

 

自分が、自分にとっての最高の執事でありたいと思う。

慌ただしく忙しい自分をサポートするのではなく、

(それだったら他の人に依頼したらいい)

じわじわとラインを探っていく時間を与える執事。

自分の事を毎秒気にかけてあげるなんて

自分にしかできない。

 

 

 

 

こればっかりは、努力の積み重ねでしか得られないのかも。

という事は、時間も積み重ねた結果でもある。

時間をさかのぼって得られることではない。

こういう時に、時が経つ、という事をありがたいと思うわー。

 

 

不意に努力の方向性を間違えそうになるけれど、

いや、間違えている事がしょっちゅうだけれども、

そんな時間の使い方を律する執事をいつでも思い出したい。

リラックス《陰》と、

緊張《陽》が

融合している体感が日常であれば、

それは、傍目にも美しい。

茶道のお点前のような。

能のすり足のような。

 

 

この在り方は、

日本独特のものなのか、東洋全般のものなのかわからないけれど、

日本人は得意なような気がする。

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com