MENU

金曜日曜、ひがしやま荘にて。

時々金沢のひがしやま荘で店番をしています。

たくさんの方にウィルススリーパーとマスクを知っていただいています。

ご来店下さった方々、そしてサイトでご購入くださる方々、

ありがとうございます。

 

jyoryudo.thebase.in

ゴムも布も限りがあるので、

困られている方はお早めに❣️

マスクは出来次第アップしております。

チェックしてみてください。

 

 

コロナウィルスの騒動の中、金沢は観光の方もそこそこいて

雪がふらず天気が良いせいか

なんならいつもの年よりも賑わっているようにさえ見えます。

 

さて、この騒動には大げさじゃないかなとか思う事もありますが、

オリンピックを控えた今、最悪の状況を避ける為の練習になっているのかなと。

 

去年の台風大雨で電車が全線止まった時ちょうど東京に居て、

朝がきて街に出てお昼前になっても食べるところがどこも開いていなくて

ありゃまー、となった。

たった1日で終わると分かっていたから不便しか感じなかったけれど

このような「いつもと違う」状況が

いつ終わるとも分からない期間、あったとしたら

不安になるだろうな。それも異国だったとしたら。

 

私は割と最悪の状況を考える。

そこからどうしていこうか?と考えるのが好きなのかも知れない。

だから悲観的な状況をよく言葉にするのだけれど

それは、暗い場にしたり不安にさせるつもりは全然なくて

むしろ、「で、どうしようか!!?」

って楽しんでいる。(でもどうも不快にさせているっぽい (T . T))

 

それは、体のことでもそうで、

病気とか、怪我とか、持病のように微妙な体調不良とか

いつもあって当たり前だと思っている。

そこに執着というか、それを理由に何かを出来ないとしているのは

宝にかぶるホコリだけを見て暗くなっているようで

もったいないと思う。

そして、不良をキラキラパウダーで見せかけて

麻痺させて感じないようにしているのも危険。

体は正直なのでごまかせず、

肉体に限らずどこかのエネルギーレイヤーで現れている。

 

で、どうしようか!?

と、時々立ち返る時間を作る事が大事。

ヨガ🧘‍♀️などがとてもよいのですが、

けれど手っ取り早い手段としては

香りがダントツだと感じています。

一瞬で。しかも自主性や体力や気合も要らず。

優しいなぁと思っております。

 

 

ウィルススリーパー、

お店で楽しんでいただけています。

ご自分のマスクに試された方が、

一度店舗を出てから

気持ちいい〜と言ってまた戻って来られることも。

 

お近くにお越しの際はぜひお寄りください^_^

 28金曜と3月1日(日曜、10~14時に開けています。

土曜も陶芸家のマイケルさんが居ます。11~18時

 

ひがしやま荘

〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目4−33 ひがしやま荘

 

さて、これから穴水でのヨガに行ってきます🧘‍♀️