エネヨガ日記    

エネルギーを学びながらヨガをしています

8/28 2022 不安がなくなる考え方

昨日はお能を見に行った。

あの安定した歩き方を見ていたら

こんなことを思った。



私が時々、

「不安」

を感じるのは、

未来(過去)を

一本道だと思い込んでいるからではないかと気づいた。


時間を一直線上だと思っている。

だから、その上を歩く自分は不安になるのではないか。と考えた。


過去も未来も一直線上。

それは綱渡りを想像する。



その綱渡りの一本道を一本の紐だとしたら、

そこから落ちないように歩く時には

どんなに技術があったって

完全にリラックスすることは無理。

要するに、不安。


リラックスして歩くためには

足を置ける面積を増やすしかない。

違う考え方(他の紐)が必要。


どうせ選ぶのは一本道(一本の紐)でも、

他の紐がたくさんあってもよい。

それは、選択肢というもの。


落ちてもすぐ隣に紐がある。

この道もあったね、って。


紐が増え、紐の集合体が面になれば

落ちることを心配することなく

安心して自分が選ぶ一本道を歩ける。



紐が集合したら、自分を囲む面が360°。

360°の選択肢に身を置くと想像すると、

過去にも行ける(よね?)


まるで想像しにくい、

他の人の道とも思われるところにも行ける。(これは相手の事を理解できるという能力)


面では、立つだけではなく

座って、寝られる。


そうして

そこに立ち止まるということは、

360°どこにでも行っていいと知ること。


道を夢中になって進むことよりも

多くを理解できる可能性がある。



お能

あの歩きを体現できるまでに

どれくらいの時間がかかっているのだろうと。

そう思って歩きを見ているだけでも

役者さんの積み上げた時間を分けてもらえた気がした。

歩きを見ているだけで安定した。


本格的なお能を見たのは実は初めて。

はまりそう。