5ヶ月ぶりに蒸留できました

週末に、3回も蒸留することができました。しあわせえええ。

 

能登ヒバ」は、地元では昔から「あて」と呼ばれていたようです。

玄関に葉っぱをてんこもりでおいてあるのですが、

来る人来る人に、「あ〜、あて?どうするん?」と言われるので。

 

玄関に葉を置いた朝、ちょうど宮司さんがお札を

持って来られ、良い年をお迎えください、と、唱えて下さいました。

 

蒸留は、やっと慣れてきました。

訳が分からないままやってたのですよ、じつは。。。

 

ほんの少しの火加減で、採れるハイドロゾルの量が変わるということも

知りました。

 

そして、気のせいではないと思うことが。

ほったらかして時々観ているのと、ちゃんと観ている

(というか、気にかけている)のとでは

水滴の出が変わるみたい。

こういうのを、怖い話っていうのでない?

自然の法則なのかも。

知らないことがまだまだいっぱいあるのだろうな。

 

ハイドロゾルで、入浴液の試作と実験をしています。

排毒作用があるという、エネルギーのクラスではおなじみで、皆が飲みまくっている

液体と、あてのハイドロゾルをミックスしたものです。

 

いろんな症状によいと思われます。

ぜひたくさんの方に試していただきたいです。

興味がある方はお声かけください。

詳しくはその時に。

 

写真アップすることが出来なくなってしまったので、しばらく文字のみ。。。