休み明けのヨガクラス

コロナの影響で約1ヶ月施設が使えなくなって、
先週、今週と久しぶりの水曜ヨガクラス。

何気に、ヨガの基本的なことの
座学をした事がないなと思い、
私自身のおさらいと確認を兼ねて
アーサナをする前にやってみました。

大人になると理屈が楽しかったりするから、そちら方面からのアプローチによって、よりヨガを楽しんでいただけたらと思いました。

話した内容は、
ヨガの4つの体系について。
○ラージャヨガ
○カルマヨガ
バクティーヨガ
○ジャニャーニャヨガ

自分たちが今やっているハタヨガは何?どこをやっているの?
そして、そもそもヨガとは?
そこに続く解脱って?
悟りとは?
なんだかすごい単語が出てきますが、
結局、どうなん?

を、一般的なヨガの定義から、
私の解釈を加えてお話しました。

結論、究極にシンプルに、何の為にやっているのかと言うと、
「本当の事を知る。」
その為にやっている。
ということです。
少なくとも私はそう。確認。

みなさんの変化や、私自身の変化で
また、その時にやるべき必要な事が見えてくるはず。
アーサナだけでなく、
柔軟にやっていこうと
休み明け、改めて思いました。


輪島 2021.4月

雨が降る前に

ヒバをもらいに行く事ができました。

輪島市一条

f:id:bobyuki:20210503065321j:plain


山道は森林組合さんの車で。

崖っぷちを走るので、ヒヤヒヤ‥

重機がよく入っていくなと感心。

まあ、上手な人が入るらしい。


午後から会議がある坂本さんに

なるべく手短に

作業しながら色々と質問する。


手入れ不足林と呼ばれる状態の林があった。

間伐されていないと

陽が入らないので植物が生えないそう。

f:id:bobyuki:20210503070056j:plain

少しシダが生えてはいるけれど、

これは手入れ不足林の状態。


先日、とうとう輪島にも熊が見つかった。イノシシ用の罠に🪤捕まっていたのだけれど、逃げられたそうです。

f:id:bobyuki:20210503070503j:plain

↑これ、イノシシ用の罠。

イノシシは週に3回ほど捕まる。


ここら辺は、昔は畑にされていた土地らしい。

植林の方が効率が良いとなった時代があり、杉やヒバが植えられた。

「やっぱり、材木はヒノキが一番人気なんでしょうか。」

と聞いたら、

ここはヒノキは育たない。

ここは土が肥えている。

ヒノキは、痩せた土地にしか向いていない。とのこと。

意外。


f:id:bobyuki:20210503071315j:plain

銀杏の木(この中のどれか分からないけど、手前の?)は

まな板の材料に。


若い人手がないので、日系ブラジル人の方が入ってきたり、森林管理のドローン操作は女性がされていたり。

時代による人材の変動。


森林というと、規模が大きいので、

まだまだ全体像が掴めない。

ひたすら、少しづつ、聞いて教えていただくのみ。


新緑の時期、生えたばかりのシダが

蛍光色で綺麗だった。


f:id:bobyuki:20210503072801j:plain

2021 春 記録

引越しを終え、

3月後半から、

祖母がいつ逝ってもおかしくないとなり、

入学式と葬式がかぶり、

身体も気持ちもあっちこっちに行った

春でした。


変な言い方かもしれないけれど、

死に向かう時期にいる人には尊敬しかない。

祖母は見事だった。


1ヶ月以上、書いてなかった。

寝かしておくのが良いのかも(言い訳)


今週は、春の遠足みたいだった。

ヒスイ海岸にヒスイ狩り。

水観音堂に水汲み。

いい天気だったな。


ひがしやま荘メンバー?と娘

f:id:bobyuki:20210418082931j:plain

拾った石は、石マスター・マイケル氏に鑑定してもらう。

ヒスイは見つからず。。


山が近すぎて、リアルすぎて偽物みたい。

f:id:bobyuki:20210418084406j:plain


f:id:bobyuki:20210418091253j:plain


観音山

f:id:bobyuki:20210418083406j:plain


f:id:bobyuki:20210418083459j:plain


ついでに撮影ごっこ

f:id:bobyuki:20210418083554j:plain

f:id:bobyuki:20210418083649j:plain


母、そこで?

f:id:bobyuki:20210418084900j:plain


f:id:bobyuki:20210418085133j:plain

自由人たち。


兼六園を中間地点に往復。

満開だった。

f:id:bobyuki:20210418085045j:plain

引越しを手伝ってくれて

花見弁当も買ってきてくれる弟。

デザートも忘れない。

神なの?🙏


今週は全日晴天🌞ヒバを獲りにいけたらいいな。


感情と身体


感情のワークをすすめていくと、体感が重要になる局面がやってくる。

その感情が起きている時の体感はどうなのか?


部位は?表面?奥?質感は?重さは?

などなど。


それを、イメージではなく

「体感」で感じ取る必要がある。


それを分からない、感じられない場合がある。

これは防衛で、麻痺させているということ。

感じると、今の時点では耐えられないから凍らせている。


なぜ感じられないのだろうか?

と探っていくのと同じくして、


いったん、感情を抜きにした、

自身の身体を知る事が

大切に思う。


麻痺させない身体ワーク。

勢いや気合いでこなさない。

内部を俯瞰しながら。


最近のヨガは

それを特に重視しているから

アーサナの完成度はない。

手を挙げるアーサナでも

挙げないところまで。



積み重ねが大事なのは

分かってはいた。

でもそれは、

スポンジケーキを重ねたものであった。

そこそこ見栄えのする

「成果」を

自分にも他の人にも

求めていた。


スポンジがほぼ役に立たない事は

いい加減身にしみてきた。



黒鉛を筆圧高く塗り潰していくような

それをさらに塗り潰して

薄い箇所を見逃さないような

生き方を見ていたら

成果とかどうでもよいんだと

気がつけた。


結局はそういう生き方が

人を救うんだと

救われた私は実感している。


塗り潰して塗りつぶして

粉が積もるような身体。


そんな身体からならば

感情の質量を感じ取れるだろう。


そんな身体ができていくごとに、

麻痺の溶解を

自身で許せるようになる。


感情を受け入れられる

密度の高い山のような土台。



見えないものほど誤魔化せない。

エネルギーの学校に

直接通わなくなってもうすぐ一年。

毎月の学びは

ZOOMでとなっています。

 

 

リモートでも

変わらず仕込まれていることは、

私たちは「器」に徹する。

 

そのために邪魔となる、

 

肉体の滞り。

自己感情とそれによる滞り。

低位レベルでの思考。

 

を掌握し、対処することを

あの手この手で

叩き込まれています。

 

 

遠隔でのやりとりというのが始まったことで、

昨年末から

授業とは別に

遠隔でのセッションを

仲間たちとで共有している。

 

 

実際の対面セッションよりも、

より注意深く居ることが求められる。

そのおかげで、

対面セッションでの自分の甘さに

気がつけたり。

 

体力(エーテル体)も

すごく必要となってくる。

力をつけざるを得ない練習会を

設けていただいたり、

 

交互練習だったり、

セッションを受けてもらえたりなどがあるおかげで、

なんとか頑張れる。

相手がいるから頑張れる。

もう、私的には

1人ではどうにもできないレベル。

 

 

そんな日々を送っていると、

身体の内部から感謝が湧き起こる。

それはまるで太陽光のようなものだから、

傲慢さの厚着に気がつくことができた。

一枚一枚と脱がせてくれて、

体温調整のよう。

 

 

そして、

その気持ちよさに浸る間もなく

次々と起こる課題は、

肉体に

痛みや苦しみとして現れてくる。

それはまるで、

道、の途中にいる事を

忘れさせないようにするために。

 

 

完璧やな、、、と思う。

肉体を持てる地球での修行システム。笑。

 

で、

遠隔でのやりとりをしていて

気がついたのは、

対面よりも

ごまかせないという事!

 

 

間合いとか

表情や言葉で

取り繕っていたんだと。

そんなつもりはなかったんだけれど、、、と言いたいけれど、

いや、ごまかしていたなと。

 

それは、弱さを知られないように、

自分を良く魅せよう、

とか、とか、、、。

 

なぜ遠隔では

ごまかせないかというと、

自分で自分を

強力に見張っていないと

遠隔ができないから。

 

ごまかした自分に

一番がっかりするのは

自分で。

 

がっかりしたくない‥

ので、

ごまかしそうになる

感情と心の動きを

見張ってます。

 

がっかり、や、自信のなさ、

恐れ、不安、などなど

ごまかしに対する副作用は色々。

自分が痛い目にあうように

なっているみたいです。

 

 

 

 

もう雪の日に予定を立てない(誓い)

f:id:bobyuki:20210109213319j:plain

今週初めから雪がすごい。

土曜日曜が積雪のピークなのは

分かっていた。


3年前に大雪で、計半月ほど

車が出せない日があった。

その時の教訓から、

ムリに雪に抵抗せずに、

色んな事をあきらめ、

何もしないで溶けるのを待つのが

一番、精神にも肉体にも

良い事は分かっている。いる。


でもね、今年は

娘の成人式なの。。日曜に。


考えた末、最善の方法は、

2日前に車を出して家を出る。

とにかく出れば

なんとかなる。


ということで、

金曜に雪かきしまくり

車を出して、

とりあえず実家で1泊。

そして式前日の今は、

七尾でホテル泊してます。


f:id:bobyuki:20210109213228j:plain


雪を処分する所がないから、

雪玉作って家の裏の空き地に

雪を移動させた。


痛い‥

肩も背中も腰も脚も。


金沢東山で、

雪の時は合宿主催したい。


雪遊びしたいちびっ子を

数日預かって、

近所中の雪を集めてもらう。

お金払ってでも

して欲しい人はかなりいるのでは

ないかなと思う。

この地は

少子化。高齢化。


力あり余る子どもたち、

雪遊び(という名の労働)

に来てくれーーー


来させたい親御さんは

ぜひお子さまを

北陸大雪リトリートに。

大雪警報の際に

お知らせいたします🤤


ああ、

きっともう、駐車スペースは

雪で埋もれている。。

という、心配もあるけれど、

吹雪の中での運転では

上も下も白、

という雪景色でとても綺麗。


雪を楽しめる心の方に

注目したいです。


春はあけぼの は本当だった

2020年は

空を見上げる事が多かった。


四季の散歩で知った事は、

春はあけぼの。だし、

冬はつとめて。だ。


夏も秋も、その通りすぎた。

本当なんだ。

と実感してから

この短い言葉たちにしびれた。


これは、

この一年で一番感動したこと。



昔の詩に

ほとんど

興味が持てなかったけれど

もしかしたら

本当には知らないだけなのか。。。


2020年、最後の日に知れたのは、

雪の降りたるは言うべきにもあらず。


f:id:bobyuki:20210101000239j:plain


と言う間に12時過ぎまして。

あけましておめでとうございます。

今年も人生を

少しでも

錬り上げていけますように。