エネヨガ日記    

エネルギーを学びながらヨガをしています

レンゲが咲いていた!

昨日はお米をお願いしている農家さんを訪れました。

田んぼで待ち合わせ。
 
 
レンゲの花がちゃんと咲いている✨

 
ひとまずほっとしたのは、
種を蒔いたのは私だからです‥
 
2021年、稲の刈り取り時に
蒔かせていただきました。
まんべんなくキレイに咲いてるって言ってくださり。
じんわり🥲💓
 
GWには漉き込み、田植えになります。
 
農家さんは有機栽培で畑もされています。
 
前に、ヒバ葉を蒸留した後のものを
肥料として試して頂いていました。
 
今回訪れる前日に蒸留したので、
「前回のヒバは肥料になりましたか?もし使えるなら持っていって良いですか」と聞いたところ、OK🙆‍♀️。
 
お会いして聞いてみると、 
まだ効いているのか分からないけれどね。とのこと。
また試してもらえることになりました。
 
これが蒸留後のヒバ葉

 
 
45ℓの袋を2つ分。
また、どうなるのかドキドキです。
 
農業、林業
長いスパンで実験、検証。
 
お孫さんが安心して食べられる美味しいもの。
をモットーに作られている農家さん。
 
人ひとりの生涯でどれだけのことを試せて成果として残せるのか。
また、それが正解だったかどうかも
超長期で見ないと分からない。
 
目先のことだけを考えていては
本当に良いものは作れないですね。
尊いお仕事だと感じます。
関わらせてくださること、
頭が下がりまくりです。
 
 

「ぼくはお金を使わずに生きることにした」を読んで、神社に行って、焚火熱が高まった。

私は焚火が大好きなのですが、なんとなく、よくないのでは。

しない方がよいのではないかと後ろめたく感じていました。

 

木は腐敗するときにメタンガスを発生する。

ということを、

こちらの本を読んで知りました。

 

「ぼくはお金を使わずに生きることにした」

マーク・ボイル 吉田奈緒子 訳

 

 

木🪵から出るメタンガスについて書かれている内容からの抜粋です。

↓↓

 

『トレーラーハウス内の暖房については、薪ストーブしかないと決めていた。廃材を燃やせるので環境にも良い。木が腐敗するときに大気中に排出されるメタンガスは、温室効果ガスの一種であり、二酸化炭素の二十倍もの地球温暖化作用を持つ。意外だと感じられるかもしれないが、木は放置して腐らせるよりも燃やしたほういいのだ。森の中の倒木や枯れ枝をなくそうと言っているのではない。それよりも、都市部の空き地などで拾いあつめるほうがはるかに望ましい。というのも、そういう場所の木は自然形態系の一部を成しているわけではないから。ぼくの場合、農場の圃場整備の副産物として出る間伐材も利用できる。』

 

p55~56

第3章 準備を整える

 

 

こちらを踏まえて、

あらためて身近なところをみると、

とても楽しい思いが湧き上がってきます。

 

今日はある神社に

付き添いで行きました。

 

そこの端っこに寄せてある杉の枯れ葉。

‥焚火したい‥

 

f:id:bobyuki:20220404180004j:plain

 

しっかり乾燥しています。

 

f:id:bobyuki:20220404180052j:plain

 

ここにも、あそこにもたくさん🤤

f:id:bobyuki:20220404180125j:plain

 

 

f:id:bobyuki:20220404180606j:plain

 

神社は敷地内に樹木がたくさん。

参道はきれいになっています。

本当に大変な作業と想像します。

 

ところで、

知り合いのお兄さんに聞いた話。

おじいさんは山へしばかりに。

の、しば、とは、

杉の葉のことらしい。

 

杉の葉

すんば(方言なのか?)

しば

 

と、変化したとの噂。

 

さて、石川は

桜もぼちぼち咲いていますが、

日向と日陰との体感温度差あり。

花見の季節は、暖かいだろうと期待が高すぎるせいか、意外と寒く感じます。

ブラウスの中にニットを着込み、

ダウンも持参での春の休日でした🌸

 

 

ご紹介いただきました

エネルギーの学校の由紀さんにご紹介いただきました。

普段の生活では

あまり話題にする事がないエネルギーの事。

よかったら見てみてください。

 

team0x.hatenablog.com

 

ご興味があれば、

感情の統制のためのYEメソッドのこと。

それと、

今までにご紹介されている他のメンバー紹介も

ぜひぜひ、ご覧ください^o^

2021 秋 輪島のヒバ

週末の輪島

秋晴れ

f:id:bobyuki:20211123081057j:plain


今回は門前まで行きます。

と聞いていたのですが、

着いたら輪島。

ここに良いのがあったので。と、

見つけてくださってました。


今回の現場はドロドロの足場で

重機が通れるように

能登ヒバの枝葉が敷かれていました。

基本、木材部分以外は

廃棄になるのでね。


もう潰されて轍になっています。

f:id:bobyuki:20211123081618j:plain


その脇に、

沢山の材木🪵と

私が欲しい葉っぱが盛られています。


いつもは大きな枝から、

私が持っていきやすいように

森林組合の坂本さんが

ある程度カットして下さるのですが、

すでにそこはカットされているので

しばらく1人での葉っぱ集めの時間を

いただきました。


カットされた枝や材木🪵、葉っぱは

それだけでも香るのですが、

前日が雨だった事、

折り重なる大量のヒバ、

当日の太陽熱が加わって

生アロマがすごかったです。


葉っぱだけの蒸留とは

また少し違う香り。


ヒノキ風呂のワイルド版。

土のアロマも加わっている。


今書いていて思い出したのですが

マウイの蒸留ワークショップに参加した時、

蒸留師ジャックが

土を蒸留したものを

特別に聴かせていただきました。

(香り聴き)


その時は

土や貝殻などを

なぜ蒸留するんだろうと

不思議だったけれど

その事が分かった気がします。



ヒバの周辺はあまり虫が出ないのですが、

いつもより若干ですが、

虫も見かけました。

時間をかけて

折り重なる内側の方から蒸されて

少しづつ発酵なのか腐敗なのか

進んでいくようです。


f:id:bobyuki:20211123083656j:plain


山積みのヒバを歩き

時に足をとられながら

このまま、お迎えが来なかったら

動けなくてそのままになるかも‥

そしたらどうしよう‥とか

一瞬の不安を思ったりしながら

みずみずしいヒバを採りました。


花粉の話題から始まった

小花粉苗や

空中取り木の事を

理解しきれなかったので、

今、質問しております。

まとまった時に!



カフェCove

恒例となった秋の能登ヒバ採り。

輪島の山での作業をお昼過ぎには終えて、

1年ぶりに

珠洲にあるカフェCoveに行ってきました。



ずっとCoveさんに行ったら、

オーナーさちさんに

直接に伝えたかった事が2つあって、

それは

さちさんご本人への

ありがとうございます。

今期の営業おつかれさま。

が一つ。



もう一つは、

さちさんから

かなり前にメールで聞いていた

お客さまのこと。

多分、

お会いする事はないだろうから

さちさんを通じて、

お礼を伝えて頂こうと

ずっと思っていました。



着いて席についたら、

あそこのお客さま、いつもウィルススリーパーを買って下さる方で‥


え、メールで聞いていた方!


あと15分遅かったら

お会いできなかった。



珠洲にお住まいの方だと

思っていたら

どちらかというと私のいる金沢に

近い方で

Coveが好きで

よく来られるんだとか。

(往復4時間はかかるから結構な距離)

分かるわ〜。

景色はもちろんだけれど、

さちさんの接客、

微妙な加減はプロ‥と感動するから。



秋晴れは土日まで。

来週からは荒れ模様の天気予報。

あれ、今しかない!

と慌ててご連絡してから

すぐにヒバ葉を手配して下さった

森林組合さんのおかげです。

時間も絶妙すぎでした。



各部屋に置いている🧴

と言っていただいて、

さちさんも、

主に彼女のためにリフィルを

置いてくださっている。

とのこと。


嬉しすぎた私から、

さっき採れた葉っぱを

渡されて、

どうすれば??

と思われたことでしょう‥



f:id:bobyuki:20211120082053j:plain

チャイとスコーン

美味しいしか言葉が見当たらない。


お持ち帰りにした

胡麻のチーズケーキも

本気の胡麻クリームチーズの濃厚さに感動しました。


Coveさんは今日明日、土日まで。

また春に開きます。




ヨガのちょっとの動きで、エネルギーを知っていく。

プロフィール bobyuki.hatenablog.com


座った姿勢から動き出す時に

ふとももが

内旋の動きをするように

体内部に働きかけるだけで

ずいぶんと力がつく。


正座から四つ足へ、

の動きというのは

意識しなければ

一瞬の移行。


それを

足や腹に意識を下ろしたままする。


私の場合、何も意識しなければ、

腰をやや反らせて

背中上部を使っていた。


小さい動きをじっくり見ると

癖があり、

長年の蓄積から

今の体型に繋がっている事が

想像できる。


いつからそういう

身体の使い方をしていたのかまで、


「なぜだろう?」


を巡らすことは、

心の使い方の癖をつけてきた

個人の歴史を遡ることになる。


身体と心との繋がり。は

もう常識。

身体から取り組んでいったり

心から取り組んでいったり。

私は、

ハタヨガから取り組んだ

身体から派だった。


身体から、

心から、

卵が先かニワトリが先か、

とにかく両方で。

最近になってやっと

エネルギーにも目を向ける事ができてきた気がする。

何年エネルギーの事を

学んできているんだよ、

と、自分につっこみたいが、

まあ、しょうがない。


肉体、感情、思考を

明確に分け、

感情を肉体の下に降ろす事が

エネルギーを感知していくための

最初の行い。


私の場合は

多くはヨガの動きを使って

それに近づけていく。


座った姿勢からの四つ足、

このちょっとした動きでも

感情を下に降ろす為の力を

つける事ができる。


色んな動きから

発見していきたい。



アストラルを日々攻略

プロフィール bobyuki.hatenablog.com



アストラルである。

という状態について。


自分の物語の中に入り込んで

浸っている状態。


悩みや、上手くいかないことの

多くの原因が

アストラルから抜け出せない事に

あったりするから、

いつでも

「アストラルに居ないか」

を最初にみていかなければならないと思う。


まず、

①今自分がどうなっているのか。

どういう感情が起きているのか

何を考えていているのか。

自分にヒアリングする。


②全部、同意する。

常識とか良い悪いの

冷静なジャッジはなし。完全に寄り添う。


そしてここから、



❶自分の傾向性を認識。

常に見続ける。

(内面のワーク)


❷思考と感情を

骨盤内や、そのもっと下まで降ろす。

(ボディワーク)


①②で

今できるかぎりのニュートラルに戻す。

で、そこからの❶❷は

エネルギー筋力がいる領域。


現状の自分を認め、

さらに深く掘っていく意思がいる。


それは、


悲しい

悔しい

恥ずかしい

などなど、

自分が封じ込めた感情、避けた感情、

向きあって傷ついた経験に

また自ら会いに行くこと。


立ち止まることがあっても

それに進んでいくことが、

アストラルから抜け出す道。


1日のうちの少しでも

思考と感情から離れつつ

「ここに居る」時間を持ちたい。

険しいけれど

すごく楽しい。