読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炎の使い方

エネルギー

自分がウニのようにイガイガしていて閉じているとき。

まあ、イライラということなのですが。

 

ダメだ~私~と、責めたり、押さえ込むのは体によくないし、

ムダに撒き散らしても迷惑だし、第一エネルギーがもったいない。

 

なので、しゃべりたくないついでに目をとじる。(ここからは多分にもうそう・・・)

 

質はガスバーナーのシャーっとした青い系の集中型の炎。

目の方に集中している。

 

はは~。射たいのだな~。と判断。狩りね。ハンティング。笑

 

だからって早速「鹿狩りに行こう!」

ってほど準備もないので、現代人らしく

「英単語狩り」を思いつきました。

 

 

一単語づつ、射るように、燃やし尽くすように覚えていく。笑

 

1時間やったらすごい充実感が。しかも、自然に体が求めていた集中だったので楽しい。

時間が過ぎるのも早かった。

記憶は私にとっては苦手なことなのでシラフでは(?)なかなか出来ません。

 

イライラする~にもいろんな質があると思うので、そこをみていくと建設的に時間が使える。一石二鳥なお徳感がありました。