能登ヒバのブレンド

ヨガクラス 2018 - ヨガエネ日記

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

先日はお店開きに2組の親子さんが来て下さいました。

ありがとうございました😊♡

降ったりやんだりの天気の中のご来店、うれしかったです。

東山でお店開きします - ヨガエネ日記

 

 

さて、今回の土日は師匠のユキさんが金沢入りでした。

 

能登ヒバを使った製品の主旨と

それに見合う商品名が決まったので、

金曜に、

オイルのブレンドをお願いしたい旨のメールをして

お返事待ちしてたけれど、

お忙しい方だからこのお願い自体失礼だったな、と思って、

土曜朝に、失礼しましたメールをしたら、

「いや、今日明日の金沢行きをどう算段しようかと。。。」

「金沢の地(採れた土地)でした方がいいのかどうか。。。」って。

 

 

いや、まさか今すぐ(しかもこちらで)とは思ってもみなかったので、

能登ヒバ以外の材料を全く用意していない(^◇^;)!!

師匠にご持参いただく形で決行。

 

 

 

という事で、大切なお稽古のお休みの都合をつけてくださり、

まさかの朝に決めて2時過ぎに東京から金沢到着。

 

 

到着後すぐに輪島へGO🚙

能登ヒバの採れた山の中に入らせていただきました。

 

 

曇り空の天気が功を成して?

里山海道から見える海は、荒波〜🌊(ユキさんの好物^ ^)

 

 

15分遅れていたら、山の中での作業は難しかったと思う。

ギリギリ見える明るさがあって、

終えた時には森は真っ暗だったから。

 

 

能登ヒバの性質を最大に活かしたブレンドが完成しました。

風邪の季節に重宝します。

最後に形にするまでもう少しです^ ^

 

f:id:bobyuki:20181201164059j:plain



 

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

東山でお店開きします

ヨガクラス 2018 - ヨガエネ日記

 

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

23日(金祝)お知らせ☆ - ヨガエネ日記 

 

先日お知らせの明日23日(金祝)はOne dayお店開きです。

HISOCAさんからすぐの所、

赤いのれんが目印です🏠

 

 

f:id:bobyuki:20181122110535j:plain

 

 

生出店♡

minne.com

 

 

ミラー付きのパンツをお披露目ですよ✨

 

f:id:bobyuki:20181122103601j:plain

 

f:id:bobyuki:20181122102534j:plain

 

ミラーパンをはいていたら

娘に「巫女っぽい」と言われ、

ふむふむと思い巫女のことを調べたら、

30歳位まででしたね、年齢制限、というか定年?

まるでアスリートのような貴重な現役期間なのですね。

 

 

ミラーワークはインドの民族衣装の飾りとして知られています。

鏡は光を受けて反射する様子から、

不必要なものを反射し寄せ付けないようにするという

お守りの役割もあり、

婚礼の際の持参財としても扱われているようです。

 

 

このミラーパンツは、

ふんどしパンツに馴染みがない方や

赤いパンツが気にはなっているけれどはいたことがないなど、

そんな方の気軽な一枚目になればいいなと思いました。

後日ベイスサイトでご予約注文できるよう発売します。

お正月に間に合うようにクリスマス前までに仕立てあげます✨

 

 

そしてお店にはこちらのシルクパンツも置いてあります。

 ¥3000〜

f:id:bobyuki:20181122115046j:plain

 

そしてそして、

ご自分で作ってみたい方は

型紙を写してお持ち帰りいただきます!

3分くらいでできます。

(写すのが面倒なのでセルフでしていただくという (^◇^;))

¥0☆

 

 

 和小物も我が母より届きました☆

¥350〜

 

f:id:bobyuki:20181122122113j:plain

 

 

 そしてちびっ子は遊んでね、エアーホッケー

f:id:bobyuki:20181122123223j:plain

 

では明日、

アメニモマケズ、カゼニモマケズですよ♡

 

  

 

 

ibarahime.thebase.in

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ☆

 ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

来週の23日(金曜、祝日㊗️)に

One dayお店開きをしまーす^o^

 

ふんどしパンツ、和紙、アクセサリーのショップです。

 

パンツは私ですが、シルクふんどしパンツ

ふんどしパンツの良さが広まればいいなと思っているので、

ご自分で作ってみたい方には

型紙を写してお持ち帰りしていただこうと。

作り方や、ふんどしパンツの疑問にお答えいたします^ ^

 

 

そして和紙とアクセサリー⭐︎

和紙は伝統工芸の仁行和紙の職人さんです。

アクセサリーはこちら💁‍♀️

EMMAKAREN'S GALLERYさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

とてもセンスの良いお二人の作るものですので

お楽しみに^ ^ 私も楽しみなのです。

 

 

場所は金沢東山の、

裏東山と呼んでいる所です(多分そう呼ぶのは私だけですが。。)

 

テラリウムのお店《HISOCA》とケーキのお店《Elpaso》

の中間にあります。

普通の家でやってます☆

10~17時くらいです。

 

そしてこの2つのお店は、

ぜひぜひのおススメのお店です。 

特にHISOCAさんは毎週金土のみの営業なので、

祝日お休みの方はこの機会がチャンスです。

苔が作り出す特有のクリアーな空気✨が味わえます。

Hisoca - 石川県 金沢市 | Facebook

 

Elpasoさんは

雪山🏔のような真っ白なモンブランが絶品。

ELPASO(エルパソ)金沢市東山 - スイーツ(ケーキ)&カフェ

 

 

 

お天気が良ければ、

浅野川の河原でのお散歩🚶‍♀️🚶‍♂️が気持ち良いです。

近くにある東山茶屋街は

お店も沢山でそれはそれで楽しいのですが、

川の辺りと裏東山は意外と静かで穴場なんです。

休日をゆったりと過ごすにはいいですよ。

 

 

私たちのお店は、

お店というよりは楽しいことがしたかった。

で、まあ皆んな物創りしているので一応お店という形でのお知らせですが、

来て下さった方とお互いに気楽に楽しみたく思っています。

お待ちしてまーす^ ^

 (駐車場がないのですが、お知らせいただければ近くの割と空いているコインパーキングをご案内します。東山はパーキングがすごく混んでいて困るのよね。。)

 

 

 

minne.com

 

 

www.elpaso-kanazawa.com

 

www.facebook.com

 

bobyuki.hatenablog.com

洗練と不安の関係

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

この2年ほどで腹落ちした事のひとつ。

それは、

人と向き合う必要はない

ということ。

 

昔はなんとなく無意識に

分かり合う事とか、大事だと思っていたのです。

大間違いだった。

他人(家族も含む)は向き合うべき対象ではないのよね。

 

 

向き合うべき対象は自分以外にはない。

 

 

他者に対して起こる感情は自分のものなのに、

そこにジャッジがはいると

他者と向き合ってしまうのですね。

 

 

他者と向き合ってしまうと、

本当は自分が自分に言うべき言葉や

自分が行うべき行動、

自分が解決するべく問題を、他者に向けてしまう。

(自分が他者から攻撃を受けたかのように自分の心身を痛めるのも同じ)

 

 

よく、

人としっかり向き合いなさい、とか、

大切な人と真剣に向き合いなさい、とかあるけれど、

違うと思う。

他の人がどう思うかは色々だろうけれども

少なくとも私にとってはこれが真理。

 

 

他者とは並んでいたい。

人生をマラソンとして例えるなら、

走っていて隣に並んだりとか。

歩いていて行き先が同じだったりとかいう感じ。

 

 

その時その時のシチュエーションで

横に並ぶ他者は変化していく。

一瞬だけしか並ばなかった他者もあれば、

長いこと並んだままお散歩する他者もいる。

何度も時々だけ出会う他者も。

時には寄り添うこともあれば

寄り添ってもらうこともある。同じ方向を向いて。

 

 

並んでいられる時間は、

宝のように貴重な時間なのだと思う。

当たり前だけれど全ての人はそれぞれの価値観で人生を送るのだから、

一瞬でも並べる他者は運命の人と呼んでもおおげさではないのかも。

 

 

私は離婚をして、

否応無く自分を見直す中で、

人との関係性、“向き合う”ということを

誤解していた事に気がついてから、

自分があまりに幼稚だった事への大きな後悔と共に

ちょっとづつ今までの“向き合いグセ”を修正してきました。

 

 

そうしたら世界の見え方が変わって、

不安になる時が減ったことに気がつき、

そしてなぜ不安になるのかも分かってきたのです。

自分のことに目を向けていない時にそうなります。

 

 

どんなに問題がありそうでも、

ここを押さえておくと、

解決方法が分かっているから穏やかにいられます。

 

 

自分に向き合うということの本質は、

自分の発しているサインを

正確にキャッチして、

自分ができる限りのことをして応えてあげるということ。

自分が自分に最上のおもてなしをするというシンプルなことでした。

  

 

これを毎秒行い続けていられる人のことを

洗練された人と呼ぶのだと思っています。

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

米林宏昌監督

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の

米林宏昌監督が

石川のこの辺りの出身という事は知っていたのですが、

娘の通う高校の出身だったようです。

ということで先日、PTA主催の講演会があったので行ってきました。

 

 

 

いい意味で迫力とか熱血漢とかを感じさせない

応援したくなるような雰囲気が、

今の時代な感じでした。監督2.0?

 

 

 

アニメーションの製作過程でのお話しでは、

素人が聞くと気が遠くなるような常人離れした努力(描く描く描く!)

を知れました。

 

 

一番印象に残った言葉は、

ジブリから離れて立ち上げたSTUDIO PONOCスタジオポノック)での

第一弾の作品の原作を探していた時の事。

 

 

 

「小さな魔法のほうき」という1971年に発表されたイギリスの児童文学が

メアリと魔女の花」の原作なのですが、

米林監督がさらっと、

 

 

「あえて魔法を使わないというのが今の感じだなーと思った」

 

 

と言うような内容(実際の言葉は違ってたと思うけれど)

をおっしゃっていました。

 

 

 

ネタバレになっちゃうから書けないけれど、

このお話しを聞いてからメアリ📀を初めて見たのですが、

ある一言で涙腺決壊。

悲しくてでもなく、超感激してでもなくすごく新鮮な感覚で。

スタジオポノックの決意とも共通するのかもしれない一言。

そして今の私に響くものでした。

 

 

 

高校の途中から、数学をやめたらしい。

絵を描くことを決めて(あ、多分。記憶曖昧ですみません)

金沢の美大に行って、中退、

そしてジブリだったかな(曖昧)。

 

 

さて、質問タイムでは

在校生が、受験での不安や厳しさを例に挙げて、

大変な時、どうやって乗り越えてきたかを質問するのだけれど、

それまでの監督のお話の感激のせいで、

理数科なのに数学をやめちゃった監督からのお返事が

私の中でスルーしちゃって頭に入ってこない 笑。

PTAの役員の方々の苦笑が感じられる気がしてなりませんでした 笑。

 

 

 

まさに目の前のことである学生のヒシヒシとした気持ちも

痛いほど分かるし、

でもだからこそ米林監督の経歴からもうかがい知れる

色んな事を捨ててやりたい事を選んだという

そんな先輩がいるという事を見ることができたことは

後々希望になるんだろうなと思います。

 

 

 

 

ハープを弾いて歌える人に憧れる〜✨

youtu.be

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

蒸留小話

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

9月から、昨日までで15回の蒸留。

ということは、半月は蒸留していたことになるかな。

昨日だけローズマリーでした。

そしてまた今日輪島で能登ヒバを受け取ってきたので

あと3回くらいはできそう。

 

次にいつ能登ヒバが採れる現場が出るか分からないので、

フレッシュな能登ヒバの葉があることが貴重でならない。

寝ようと思って目をとじても

能登ヒバの余韻が胸にある。恋なのね 笑

 

 

蒸留するまであまり植物にもオイルにも親しんだことがなかっただけに、

蒸留すればするほど

植物の個性を知る、というよりも

当たり前の存在になっていって、

これはとても新鮮なことでした。

なので、能登ヒバの香りやオイルの事を知らなかった事が、

無かったかのように錯覚しています。

 

 

アート的な感覚には至らないですが、

私にとって生活必需品ではあることは間違いありません。

これ一本あれば大概の事は事足りる。

多くの方に使っていただけるようにしていきます。

 

  

どの植物にも言えることなのだけれど、

蒸留の過程で成分が変化し、

薬用植物が本来持っている成分とは異なる成分ができるのが、

精油とハイドロゾルの特徴です。

 

 

能登ヒバで1つ例を紹介すると 

  

 γテルピネン(ガンマテルピネン)という成分は

精油にはありますが、枝葉にはありません。

 

 

つまり、能登ヒバの葉っぱを煎じて飲んでも

すり潰して傷の手当てに使っても、

この成分が作られるような化学変化はおこらないので、

γテルピネンの成分作用はないのですね。

 

 

 

Aromatherapy Salon R&C :γテルピネンとアテローム性動脈硬化症

こちらの記事から

 

《γテルピネンの作用》
抗ウイルス作用 (ウイルスの繁殖の不活性化)
カンジダ作用 (カンジダ真菌抑制作用)
脂肪分解作用  (脂肪を分解)
抗酸化作用 (酸化を抑制 活性酸素の増加を抑制)
静脈強壮作用  (静脈を強く元気に)
鬱滞除去作用  (皮膚内部に滞っている水分、老廃物、リンパ液などの滞留を取り除く)

 

 

 

自然界では

太陽の熱で暖められた

地球上のあらゆる物質を介した水を水蒸気として上げていく。

そして上空で冷やされて、地上のエッセンスが

雨や雪となってまた落ちていくわけです。

 

蒸留はそのサイクルを早回しする作業。

 

そして、無かったものを作り出すという意味では

完全に錬金で、

私はこの蒸留の仕組みそのものに

すごく納得と希望と諦めを感じます。

 

 

水蒸気蒸留の大切な事の一つに、

できるだけ低温、低圧で時間をかけて行わなければ

いけないという事があります。

成分構成に影響が出るということです。

 

 

 

さて、錬金術師になるためには 笑

 

時間をかけてコツコツと時間をかけて行なう(注意深く)ことが

変化する為の必須事項であり、

早く成長したいのであれば

それ相当のエネルギーが必要だということで

この場合のエネルギーとは集中力なのだと思います。

 

その持続させるだけの集中力をもつには

やはりコツコツとした努力が不可欠だという、(納得)

サイクルになる訳で、

 

要は、錬金術師が特別なのは

単に圧倒的な努力を重ねているだけという

現実的な結論になりました。(諦め)

 

 

字面で読むとマッチョです (^_^;)

が、努力とは何も筋トレや修練的な事ではなく、

 

広い高い視野を持ち

そこから眺めた自分をプロデュースすることだと

定義しているので、(今決めた)

もしかすると、

昼寝が大事だったりするかもしれないです。(希望)

 

 

さて、たった今、

祖母から文化の日のお茶に🍵行こうと

お誘いというか急かしがあったので

七尾にかけつけま〜す💨

 

 

ではナイスな文化の日を🍁

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

表皮で知性が更新されている。

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

自分が興味がある事を

選ぶとき、

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、

五感のうち、どれを一番重視した選択をしているかな、

などと考えてみると、

触覚で、

私は皮膚感覚に重きをおいて生きているんだなとか

そんなことを思っているところに

こんな記事を見つけ

夢中で著書を読んだ。

 

toshin-sekai.com

 

 仲谷正史著

「触楽入門」と

「触感をつくる」

 

触楽入門|特設サイト

 

 

 

 

それと

「第三の脳--皮膚から考える命、こころ、世界」  傳田光洋著

 

https://www.amazon.co.jp/第三の脳――皮膚から考える命、こころ、世界-傳田光洋/dp/4255004013/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1539087878&sr=8-1&keywords=第三の脳

 

 

面白い!!!!!

毎度の事ですが説明できないので読んでいただくしかないのだけれど、

触覚、

というか、触感。

改めて考えてみても、これが無い状態ってイメージしにくい。

他の感覚は一時的に遮断できるのに。(目を閉じる、耳を塞ぐ)

 

 

仲谷氏の著書にあった、

 

“百聞は一見にしかずと言いますが、

一触は時に百見を上回る力を持っています。”

 

には、

誰もが頷くのではないのかな。

うん、知ってた!と言いたくなるくらいに。

 

 

嗅覚の話になるけれども、

私はアロマオイルの嗅ぎ分けができない。

何の植物のオイルかの選別が、という意味ですが。

(知ってる範囲の植物ならば少しはやれるのだろうけれど、そもそもオイルに関しては種類別という概念が抜けている。)

 

 

で、香りを嗅覚ではなく触覚で選別して(探して)いるようなのです。

皮膚に垂らすという事ではなく、芳香空気を触るような。

 

 

これは、アロマオイルに親しむきっかけが、

エネルギーの観点からのアプローチだったからというのが大きい。

皮膚感覚を頼りに、

触覚以外がまだ発達していない赤ん坊のように、

香りを探っているのだと思う。

 

 

 

この例で言うと、

触りごこち、というのが触覚の触感だとして

匂いごこちも触感。

触感は、

視覚もその他も全てが関わってくる複雑さゆえ

科学の研究対象になりにくかったそうで、

最近になってやっと触覚について研究が進み、

皮膚についても新たな発見がでているそうです。

 

 

 で、第三の脳🧠にあった記述で、

皮膚の虜になった。

 

脳と脊髄、

目、鼻、耳、口、表皮は

生まれが同じ。外胚葉からできているそう。

ちなみに真皮は中胚葉。

 

 

脳と表皮は似ている。

表皮はそれ独自で考えて情報処理しているらしい。

 

 

チネイザンの先生である大内さんも言ってた。

「手のインテリジェンスを信じて」と。

 

 

今の私は「表皮のインテリジェンスを信じて」に

多少すり替えている感もあるけれど、

触れることでの情報感知を考えるとこれは本当にその通りだと言える。

触れる手の皮膚も

触れられるお腹の皮膚も

知性がある。

 

 

しかもそのインテリジェンスが、

いつかは垢となって剥がれ落ちていく表皮にあるだなんて、

ステキすぎる。

日々知性が更新されている。

これは文学にもなるのではないだろうか。。。

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com