MENU

ヘアケア実験。湯シャンにしてみる

先週ふと、

ずっとやってみたかった

湯シャンをしてみようと

思い立ちました。

 

ずいぶん前から

コンディショナーは使ってはいないのですが、

ドクターブローナは

使っています。

 

 

f:id:bobyuki:20200914083231j:plain

 

 

最初のきっかけは

東京に住んでいる友人。

彼女は湯シャンをずっと続けていて、

彼女の家に泊まるたびに、

多分1ヶ月に1回くらいしか

使わないのであろう

ドクターブローナを

いつも使わせてもらい、

とてもよい香りだったことから

シャンプーをやめてみました。

まあ、泡立つし

シャンプーみたいなものですが。

 

 

5月初めに、

彼女が地元の七尾で出産して、

久しぶりに会いました。

湯シャンの事を知りたくて

聞こうと思っていたのに、

すっかり聞き忘れたよ。。

 

でもまあ、

独学(てか、湯で洗うだけ)でいいか。

と思って始めてます。

3日、湯シャンで済ませてみて、

気持ちよかった。

4日目には

ちょっと油分が気になったから、

5日目には

ドクターを使い普通に洗いました。

 

もしかしたら

続けるためには

そこが我慢のしどころだったのかも

しれないけれど。

まあ、自分のペースで

やってみようと。

 

とにかく

3日目までは

湯シャンの方が

洗い上がり気持ち良かったし、

頭皮のベタつきも

普段よりなかった。

 

5日目、6日目と

ドクターを使った。

今日はまた湯シャンにしてみる。

 

で、湯シャンだと

ヘナの色落ちが少ない気がします。

ヘナは数年前からこれ↓

 

f:id:bobyuki:20200914092720j:plain

 

 

f:id:bobyuki:20200914092752j:plain

 

20代からヘナを使っているのですが、

もう、これが最高。おすすめです。

https://momandearthorganics.com/index.html

 

封を開けた時の香り、

お湯で溶かした時の質感から、

それまでのものとは

全然ちがいました。

 

さて、湯シャンで

どうなるか。

続けてみます。

 

 

朝散歩で何が変わるか。

朝散歩は続く🚶‍♀️

とはいえ、歩くより座っている時間が多くなっている。。。

川辺に行って(サボりコース)川を向いて

ストレッチしたりボーッとする。

 

師匠のように木との対話はできないけれど、

自分との対話力は上がった。

どうして対話力がついたと実感できるのかといえば、

アイディアが、

沸くのか降りるのか思いつくのか、

どれとは断言できないけれど、

とにかく来る。

 

これは、モヤモヤした状態の時には起きないんだよねぇ。

 

何もない、何も出来ない状況を作ることが

家だと出来なかったから、朝散歩で鞭打った。

二度寝するんだけれども。

 

今は朝散歩は鞭どころか飴になっていて、

行かなくて後悔することはあっても

その逆はなし。

 

最近は夜明けが遅くなってきた。

同じ時間でも人が少なくなってきて居やすい。

太陽プラーナ🌞を浴びに行くのが目的だったのに、

夜明け前に帰ってきてるわ。

月光浴になっています。

 

f:id:bobyuki:20200904090803j:plain

 

 

f:id:bobyuki:20200904090844j:plain

 

f:id:bobyuki:20200904091051j:plain 

毎回、どこからともなく現れる猫。

 

 

 

 

 

山か川か

コロナ自粛の頃から

朝散歩を始めて

2ヶ月半ほど経ちました。

 

早朝は日焼けを気にしなくてよいのがとても良い。

 

「東山◯丁目に熊が出ました。」

という市内放送が何度かあって、

それ、私が住んでるココだよね。

と知ってはいたけれど、

人が沢山いる観光地だったので

いったいどこに??

と思っていたら、

歩いて10分くらいのすぐ裏が

山への道だった。

 

山がすぐ近くだったのを知ったのは住んで4年経ってるけど収穫^_^

 

熊が怖くてまだ細い脇道へ入る勇気はないけれど、少しづつ新しい場所を巡ったり。

できるだけ人と会いたくないから

暗いうちから行ってみようと

3時半に出た時は

暗すぎて怖すぎて

民家の街頭の下で明るくなるまで待った。意味なし。

 

寝坊した日や

元気のない日は近くの川べりへ。

山でも川でもどちらにしても、

レジャーシートを持っていく。

 

山では木の近くに腰掛けていたけれど

7月になって急激に虫や蚊に襲われる

ようになったから

この頃は川の方がホッとする。

 

まあ、蚊の事は別として、

山と川で感じられるものは

ずいぶん違う。

 

山はエネルギーが満ちてくるし、川べりは許しを感じるような。

 

1~1時間半は歩いたり座ってボーッとしたりして居るのだけど、

それだけ長い時間居ても、心や頭が

ざわつきに捕らえられたままの時もある。

そういう時は、

自然もエネルギーも何も感じられなくて、

結構絶望する。

 

どんなに恵まれた環境にいても

自分次第なんだなーと

改めて思う。

 

f:id:bobyuki:20200729183137j:plain

 

 

f:id:bobyuki:20200729183223j:plain

 

 

 

 

おっぱいについて

ずっと疑問なのですが、

皆さん、ブラしたくないとか思ってないのでしょうか?

私、ブラがほーんと苦手で。

今は、ぴったりしたキャミとかタンクトップの時以外は

していません。外出先でも。

人様に迷惑をかけないようにだけは

(目のやりどころに困らせないように)

気をつけている。

 

寝る時用のブラも売ってますね。

この前、ブラしない事を同級生に話したら、

寝る時もつけるって聞いたので、

少なくはないのだと実感。

 

私のインスタは、

見る👀専用で、

それを優先する為、基本お友達フォローをしてないんです。

何を見るのかというとファッションが主なのですが、

たまたま好きなファッションでフォローするものが、

ノーブラで着こなしているものが多く。

 

胸が垂れる、ということに

そんなに危機感を持たないので、

でも、その考えとかは一般的でなさそうなので

わざわざ話題にもしないのですがね。

 

ただ、数年前から、

トップスやワンピースを作るのならば

「ブラをしなくてよい服」

を考えている。

 

で、昨日、久しぶりに銭湯に♨️行ってきました。

おばあちゃんがたくさーんいて、

で、2人並んで腰掛けていた方がいた。

当然、垂れていたのね。

で、全然オッケーやん✨✨

と思った。

なんか別次元の綺麗さだった。

 

ま、こんな人も居ていいわなー

という話でした。

 

f:id:bobyuki:20200720192302j:plain 

 

f:id:bobyuki:20200720192336j:plain

 

 

 

 

シン・ニホンが面白い

f:id:bobyuki:20200621042708j:plain

 

#森を知る活動
#シンニホン
 
田舎に住んでいながらもアウトドアの経験もあまりなく。小さい頃学校帰りはソロバンお習字で1週間が埋まり、中学では朝練昼練夜練の部活で体力を使い果たし。
人付き合いも積極的ではないし、外で遊ぶ、自然と遊ぶという意味が分からなかった。
 
蒸留を始めてから、少しづつ森に関わらせてもらう時間が増え、特にヒバ葉とは濃厚な時間を持つことになった。
 
さて、今の環境。
普通に暮らしているだけでも、地球がやばいわーという事をさすがに感じる。
 
たとえば森林を伐採しなければ良いのかと言えば、そこには沢山のそれぞれの正解不正解があり、生活があり、単純なことではなく。
立派な意見でも、優しそうな意見でも、『主張』である限りは堂々めぐりに変わりはない。
 
森林についての
歴史と現状を知ること。
これが今できることだと思っているから、感情を交えず事実のみをみていこうと思っている。
 
先日読み終えた、安宅和人
「シン・ニホン」の最終章は6章 残すに値する未来。
 
そこにある、
 
「風の谷を創る」プロジェクトは、テクノロジーの力を使い倒し、自然と共に人間らしく豊かな暮らしを実現するための行動プロジェクトである。 ⇦本文より。
 
少なくとも200年以上続く運動論の最初の型を立ち上げる、
という。
 
コロナによる経済活動休止の影響で、ガンジス川が綺麗になったというニュースがあっても、この本を読んだほどには未来が開けなかった。
 
自然と遊ぶという事が少しだけわかってきた気がするこの頃。
葉の擦れ合うエキサイティングな音をいつでも浴びたいし、夜明けの光に照らされる青々しさを見れなくなるのは普通に惜しすぎる。
 
 
シン・ニホン、面白い^_^
分からないところだらけだからまた読む。

輪島の能登ヒバ

明日から、また雨が続きそう。

先週の月曜は晴れ。

輪島に能登ヒバをもらいに

行ってきました。

秋以来、久しぶりです。

 

今回は今までで一番深くまで

山に入りました。

道なき道。

森林組合の車に乗せていただきました。

すぐ横は崖、ガードレールはない、デコボコ道を行きます。

 

f:id:bobyuki:20200629185549j:plain

 

f:id:bobyuki:20200629185734j:plain

 

輪島市深見町一乗という、

10くらいの世帯のある

小さな集落からさらに入ります。

 

車が着いたら少し歩き、

作業されている現場に

お邪魔しました。

f:id:bobyuki:20200629190049j:plain

 

 

植物、特に苔を専門に

テラリウムなどを扱っている

ご近所のKさんも

同行してくださいました。

 

f:id:bobyuki:20200630152201j:plain

 

ご近所のKさんは

ウェブデザイナーなのですが、

ウィルススリーパーの

パッケージデザインを

してくれています。

 

 

森林組合のこと、

木のこと、色々と質問されていて。

沢山の事が聞けたのに‥。

次からは動画を撮ろう‥。

 

今までの多くの現場は

杉が多かったのですが、

今回は能登ヒバの割合が多く、

まろやかなエネルギーが満ちています。

 

f:id:bobyuki:20200630153459j:plain

 

 

同じ大きさの杉と能登ヒバが

並んでいましたが、

杉は7年、能登ヒバは15年ほど

経ったもの。

能登ヒバは

成長が遅いそうです。

 

節があったりすることを

アテがある、

と言うらしく、

材木としてはあまり良くない風に

とられる言葉なので、

アテの木は

能登ヒバと呼ばれるように

なったようです。

ですが今でも

森林組合の坂本さんは

アテと呼んでいます。

 

f:id:bobyuki:20200630153630j:plain

 

この現場は長く続くのかな。

秋にもあります(能登ヒバ)

と言って下さいました。

 

雨で土砂が崩れませんように。

能登森林組合の皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

夏のマスクを

今週末にアップします🎐

https://jyoryudo.thebase.in/

 

 

肩の力を抜くために

なかなか肩の力が抜けなくて

それはずっと前からなんだけど

まあ、こんなもんなんだろう。

と思い、やり過ごしてきた。

 

エネルギーの学校の

お稽古で指摘されてから

やりすごせなくなって、

特にこの1ヶ月は

ラクロスボールを使った

マッサージも試してみたり

何かと気にかけてきた。

 

音楽を使ったワークがあった。

その時にある曲を選んだ人は

インナーチャイルド

取り組むように。

との指示があり、

それもこの1ヶ月にやっていた。

 

そしたら、

肩の力みと2チャクラが

連動している事に気がついた。

なので、日常で

何をするにも

まずインナーチャイルド

ご機嫌を伺いながら

過ごしてみた。

 

どんなに頑張って

力を抜こうとしても

出来なかった原因の一つは

私の場合は

インナーチャイルドの声を

無視して(抑圧して)

いたからだった。

 

2チャクラワーク、ではなく、

インナーチャイルド

と言われた事で、

同じようではあるけれど、

取り組み方が変わった。

 

もうある程度成長してしまった

中学生のケア、

から、

いつでも世話がいる

乳幼児のケア、に

チェンジしたような。

 

ある程度放っておいても

大丈夫なほどには

まだ成長してはいなかった。

まだまだ、細かいケアが

必要だったんだな。

と、分かってよかったです。

 

 

少し前の夜明けのツツジ

 

f:id:bobyuki:20200624210440j:plain