火で燃やすことが出来たら。

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

 

洋服の整理をしていて、もう着れないし

置いておくスペースもとれないしなと思うものを片付けているのですが、

 

◎家庭ゴミとして捨てる

◎リサイクルショップに出す♻️

◎リサイクルガレージ的な所(スーパーに設置してある)に出す

 

 

の、どれにも当てはめにくい服がありまして。

例えば子供のフラの発表会の為に作られた衣装。

出来たら時々眺めていたいくらい思い入れがあるのですが、

それ以上に、

「燃やしたい」

という思いが強くあります。

 

 

ここがハワイだったらすぐにまた誰かに選んでもらえそうだから

再利用の道を選びたい。でも、ここではそう思えない。

ナイロン袋に入れて、他の家庭の生ゴミ達と一緒になるのは

洋服の最後として似合わないし、

リサイクルは前述のとおり。

 

 

まだ私が小学生だった頃、

祖母の小さな畑では、抜いた雑草を乾燥させてから火をつけ燃やしていました。

畑や田んぼから小さな煙が上がっているのは

そこここでよくある風景で。

 

ある時から、安全上の理由などで、

個人で火を起こすことが禁止になりました。

 

 

焚き火とまではいかない小規模でも、メラメラする火を見るのは

なんとも言えない面白さがあって。

秋になったら、近所の公園で枯葉を山のように集めて、

その場で焼き芋をしたような記憶が。

公園で??

と、今では信じられないので、

記憶が確かかよく分からなくなっているのだけれど 笑

よく葉っぱを掻き集めていたのは確か。

 

 

田舎でも人口が増えていった時代。

家々が密集してくることで、

焚き火による煙の被害や火事などが問題になるのは分かる。

 

でもでも。

ガスではない、あの「燃える火」に触れる機会がなくなったのは

寂しい。そして、経験をする事が出来ないという意味で

もったいないなと思う。

 

 

あの「火」との時間は、

波をずっと見ることや、空を見ること、

山を見ること木を見ることと同質で飽きなくて、

はかなければはかないほど興奮するのは

花を見ることに近い。

火は、その上「危険」というオプション付き。

それが神聖なものに感じるのは私だけではないと思うのだけれど。

 

 

台風や嵐、土砂崩れなどと違って、

最上の精神切り詰め状態を

自分の意思で始める事ができる。(火をつける行為ね)

 

 

あの時の、畑での燃える火と「同質なもの」で、

大事な衣装を無くしたいと思うのです。

 

 

もうずいぶん前になるけれど、義理の父(正式には元義理の父か)が、

山で燃やしてくる、と言って燃やすものを持って行ったのを

思い出すのですが、

えー、よくないでしょ、とあの時は思ったけれど、

今なら見張りをしたいくらいだわ 笑。

 

 

火を使って燃やす事は昔は当たり前にしていた事だし

むしろ人間生活での自然な行為だよな、って思う。

今の40代くらいまでが、キャンプとかではなく

火が燃える様を日常で経験できた最後の世代だったのかも。

 

 

今の子供でも、

我が道を通す(燃やしに行くような)

不良のおじいちゃんおばあちゃんがいればラッキーだね。

とか、不謹慎にも思ってしまいます。

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

ふたたびバラ園🌹

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

f:id:bobyuki:20190611080413j:plain

 

今年の5月は暑かったから花が開くのが早かったのかな。

これらは1週間前。例年だとまだ旬なはず。

www.google.co.jp

 

 

 すごく香った種類 ➀《ブルームーン

f:id:bobyuki:20190611080640j:plain

 

その➁《ボニカ ’82 》f:id:bobyuki:20190611082616j:plain

f:id:bobyuki:20190611082833j:plain

 

 

 

f:id:bobyuki:20190611080805j:plain

 

 

 

f:id:bobyuki:20190611080945j:plain

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

今みたものを。

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

私はなるべく、「イメージする」という事をしないようにしています。

 

イメージは、どうしたって出てくるのですが、

自分自身がまだ真理(本質)を見抜けない内にイメージをこしらえたところで

大したものをイメージできている訳がない。

と思っているからです。

物事を小さい範囲で捉えて想像で終わるのではなく、たとえつたなくても現実に落とし込んで着実に身にしたいから。

 

 

なので、イメージを見るのではなく、

どんなに見えなくても(視えなくても?)

見るようにしています。

みえる、のではなく、みます。(根性☆)

 

 

息をする、しない、に

選択肢さえなく息をしているような感じで、

「みる」には、

「みない」という選択肢が無いことになっています。

 

 

これは、私の考えというかやり方なので、

他の方はどうなのか知らないし、

すごく間違った事だったとしても

ありゃりゃ、、、となるしかないのだけれど。

 

 

みる、というのは視覚やイメージよりも感覚に近くて、

みたものに近づくためにエネルギーを凝縮させるのがもの作り。

 

誰かのための洋服を作るとなったら、

よく「みて」

実際に作ることで、みたものに近づけていく。

エネルギーに沿わせていくことは

生ものを取り扱うようなもので、

実際に、同じ人でも似合うものが変化するというのは

分かりやすくそういうことだと思う。

 

どんなにみても、

みた通りに出来上がったり、似合ったり、似合わなかったりするし、

みた以上の時もある✨

 

だから、

効率が悪く手間がかかっても

自分がみたものを確かめたくて

作る時間をとるのだと思う。

もう、ほとんどただのワガママなんだけれど、

何かを形にするって事でチャラにしている(つもり 笑)

 

 

 

f:id:bobyuki:20190610102354j:plain 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

写真の100倍良いです。バラ園

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

金沢でバラを見れるところがあるのを知って

昨夜行ってきました。

24時間営業、ライティング設備なし!

 

暗闇の中白っぽいピンクをメインに

沢山の薔薇がぼんぼんゆらゆらと咲いているのがたまらなくて

奇声を上げてしまうくらい興奮しました。

(誰もいないのです☆)

 

心霊写真みたいになりましたが

少しでもバラの雰囲気が伝わればと。。。

 

f:id:bobyuki:20190531203448j:plain

 

www.google.co.jp

 

インスタも🌹

 

f:id:bobyuki:20190601082627p:plain

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

bobyuki.hatenablog.com

 

たかが人格。。。

*一部私宛てのメールが届いてないようで、送信して下さったものの、私が気がついてないものがありそうです。ご迷惑おかけしてます🙇‍♀️

もし1日経っても返信がない場合は、別の連絡方法かこちらのブログにコメントをお願いいたします。

 

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

肉体は、感情は、自分ではない。

という事は心得としてあったけれど、

 

「人格さえも、《自分》ではない。」

 

を師匠から聞いた時、えー!と衝撃でそしてすごく嬉しかった。

 

なのに、人格者になりたい、という思いと《自分》を切り離せていない。

人格失格、という感覚が昔からずっとある。

その感覚は、自分に酔っているだけなのだというのは

分かってはきたのだけれど。

 

満たされていて強い、いい人に見られたいなど。

ようするに、周りばかり気にして、周りのせいにばかりしてきた。

 

いい加減にしろと言ってくれる方がいる。

それぞれの課題を進んでいく姿を見せてくれる方たちも。

よくよく考えてみると、

多くの周りの存在に力をもらえているんだなと。

がんばろー。

 

  

ところで、明日!

エネルギーの学校でご一緒の西大輔さんが

20時からの番組に出演されるそうです。

面白そうです☆

www4.nhk.or.

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

bobyuki.hatenablog.com

「悩む」と「悲しむ」のアストラル物語

*一部私宛てのメールが届いてないようで、送信して下さったものの、私が気がついてないものがありそうです。ご迷惑おかけしてます🙇‍♀️

もし返信がない場合は、別の連絡方法かこちらのブログにコメントをお願いいたします。



ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記


ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

私はよく落ち込みます。

ですが、

悩む、という事があまりないように思います。

 

学生の頃、色々と悩んでいただろう私は、

「悩み好きやね」と、

友人に言われました。

この一言で、

 

 

私は悩むのが好き?

好きで悩んでいるのか!と、

気がついた時に、

 

ダサい!!悩むの好きなんてダサすぎ 笑

やめ。

 

悩み好き、という表現が

自分に当てはまる事が恥ずかしくて。

ダサいの嫌。という気持ちから、

悩むという行為はこの時にかなり切り離す事ができました。(友達ありがとう🤝)

 

 

ただ、完全ではないので、

落ち込んだ時に、自分の物語には入ってしまいます。

悩まない分、割と早くそこから出れているだけ。

 

 

胃がキリキリシクシクする様な

悩み物語はないけれど、

悲しみ、という物語には

まだまだ未練があるらしく、

悲しみ好き?については、どう思われてもいいという気弱さ 笑

 

 

時々ふと思い出してしまっては悲しみ物語を味わう。

いい加減に終わりたいので、

あえて集中して悲しみ切ってみようと思う。飽きるまで。

 

 

悩む、の時は簡単だった。

悲しみ、には、工夫がいる。私にとっては。

 

取り組み方が違うことを知れたのは面白い。

肉体から心の段階までは、

自分でどうにかできるシステムだというのは

こういう時に納得できる。

 

 

曖昧でよく分からないことは、

冷静に、細かくしていくといいのかも。

感情の種類分け。

色分け、明度分け、重さ分け。

部品の一つ一つをみていく感じ。

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

ありがとうございました。

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

ヨガクラスと個人セッション - ヨガエネ日記

 

 

七尾の青柏祭へ。

歩らりさんでヒーリングをさせていただきました。

f:id:bobyuki:20190506165040j:plain

これは5日の写真。お店前で木遣りを。

 

 

2年前に、ブループリントのメンバーとヒーリングさせていただいたなーと。

今回は同じ2階のとなり部屋にて。

七尾の歩らりさんは5月の後半をもって一旦閉店

万年筆のシックな建物が素敵なお店だったので残念ですが、

また新たな場所で開かれるようです。

 

3日はヒーリングを通じて初めての方たちとお会いすることができました。

貴重なお時間をありがとうございました。

 

 

5日はお昼寝してから一人でぶらぶら。

同級生と出会って話したり。

歩らりさんの告知を見た方にヒーリングをしている事を聞かれたり。

 

 

いろんな方と言葉を交わす中から、

時代の変化を感じる。

今、人が求めているものは

少し前よりも明らかに内向きになっていることが顕在化してきていて、

それは内向的とかいう事ではなく

自分の感覚を信じていく意識なのだと思う。

 

 

地道にエネルギーを体得して、自分の内面を見ていく事以外に、

私にできることは何もないのだと改めて感じました。

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

bobyuki.hatenablog.com