色を手放せる時を楽しみにしている

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

f:id:bobyuki:20190812100550j:plain

富山・滑川のベトナムランタンまつりを見てきたー🇻🇳

 

 

 

夏服しか作らないので、

この暑い今が一番、自分のニーズのリサーチに最適な時期。

 

家の中では膝上のものを着ていたいし、

外に出る時や運転には長袖が必須だし。

 

海に行く時、

長時間の移動、

冷房の部屋、

などなど、あらゆるパターンでの自分の欲求をみている。

 

体の心地よさ、イコール、感覚を満たす事。

 

感覚の満足だから、

食欲などとそう変わらない。

求めすぎても幸せにはならない部類の欲。

 

本当なら、体は1つだから、そんなに着る物はいらない。

冷静に考えれば当たり前。

 

 

言うなればファッションなんて欲で、

ヒマラヤの聖者の格言なんかを

字面だけでうっかり鵜呑みにしてしまったなら、

罪深い事なのかもと反省しかかったり。

 

 

 

洋服は、

「自分と思っているもの」

が、

着せ替え可能だという事が実感しやすいツールの1つだと思っている。

色や形の組み合わせの数だけ、「自分と思っているもの」があるみたいな。

 

 

もし惹かれている色があるなら

着ている自分の内面をみたいのかもしれない。

トライするのも面白い。

 

 

色と関わるには、

洋服でなければならないという事はないけれど、

ボディーと常に一体化している

洋服の色へのチャレンジが

人目に触れるということもあって、

ドキドキとか恐怖、そして勇気がいるから、強力だと思う。進化への加担が

 

 

形と色を物質化するには

資源を必要とする。

1着の洋服にかかるエネルギー資源はどれくらいかは知らないのだけれど、

相当だということの想像はできる。

 

 

物が有り余って

こんなに地球が大変だという時にでもファッションという遊びはなくならない。

 

 

 

強い強い光の中では

色は意味をなさなくなる。という事は、

多分、色はここ地球でしか扱えないおもちゃみたいなものなんだろう。

 

 

とか思っているから、

洋服という色のおもちゃで遊ぶ事を

キリスト的に言うと神の子である私たちは

無邪気に楽しんでいいのだと思う。

 

 

自然の恩恵を贅沢に受けて

こちらで色を味わい尽くしたなら、

こちらに居る内に

心から満足して色を手放す事ができるはず。期待💫

 

 

https://www.instagram.com/p/B1AafjsnYR5/

水色✨#アンナプルナシリーズ ハイウエストMサイズ#麻の服#ワイドパンツ#個別販売してます💫

 

 

bobyuki.hatenablog.com

bobyuki.hatenablog.com

アンナプルナシリーズ 、自分用は13本あった☆

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

 

アンナプルナシリーズのインスタ連投です。

 

口コミだけで(ほぼ知り合いだけ)選んでいただき

作る機会を与えていただいていました。

 

数えると、アンナプルナシリーズを作ったのは60本は超える。

それでも飽きずに、まだ作りたいし、、、

というのはどういう事だろうと自分でも思う。

 

麻だからかな。作るときに触ってると元気になる。

 

 

 https://www.instagram.com/p/B0xQWaJHfku/

#アンナプルナシリーズ#麻の服160cmで Lサイズを履いた例。ビスチェもちょっと試しに作ってみた🌻元々自分用にどのサイズでも履けるように作ったから、3サイズどれでも履きます。でも4年経って体型も好みも変わったから最近はSをあまり選ばなくなった。ヒップさえ綺麗に収まれば、ウエストゴムと丈を調整したら結構どれでも大丈夫👌なので L Lサイズも作って着てみようと思う。サイズが上がるほど、股上が深いのでゆったりです。ヒップサイズの目安はSは 〜84〜Mは 〜88〜Lは 〜92〜この前後2cmくらいかなと。生地が薄ければワンサイズ大きめでも上品に着れるし、厚くてもワイルドな分、着た人が華奢に見えたり。着る人、選ぶものによって、同じパンツとは思えないから面白いです✨

 

 

 https://www.instagram.com/p/B0uGksBHM7d/

#アンナプルナシリーズ#麻の服パープル。お揃いのビスチェと。わりと厚めの麻。この生地は、色違いがいろいろ選べます✨160cmでMサイズを履くとこんな感じの一例。

 

 

 

私のアンナプルナシリーズ

f:id:bobyuki:20190806003126j:plain

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

bobyuki.hatenablog.com

アンナプルナシリーズ、販売を始めます✨

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

麻のワイドパンツの販売を始めました☆

インスタでの販売告知です。

 

ぜひ見てください👀♡

 

 

https://www.instagram.com/p/B0n_9Cln-JE/

麻のロングパンツ、販売始めます❣️ご注文を受けてから、その時その方にぴったりくる物を作らせていただきます。自分が欲しくて作り始めて4年経ちました。公に販売を告知しなかったのは、私は予測製作を楽しんで出来ないし、パンツは人によって長さが微妙に違うので、個別に対応するにはどうしたら?と考えていました。サイトはないですが、メッセージでご注文を受け付けることにしました。よろしくお願いいたします❣️ ご興味を持ってくださった方、見てくださいね↓商品説明など☆さて、このパンツはすそ広がりのワイドパンツです。カラフルで、ドレッシーで、楽で、どんな場面にでも着る事が出来る便利なパンツが欲しくて、つくりました。エレガントな女性を見ることは私にとって喜びで、それには何より着ている方が気持ち良く、楽しくいられる服である事が大事だと思っています。日常で。お出かけにも、小さいお子様のお世話の時も、ヨガにも、学校行事など少しフォーマルな場面にも‥。 裾が床スレスレなので、パンツなのに見た目がドレッシー👗なのが素敵なところ。このパンツシリーズには、 「裾をひきずることを気にしなくてよくなる日は来るのか?天女のように」というテーマがあります。なぜ、汚れる事を気にして長さを決めなければいけないのだろう。汚れる、とか、仕事で使えない‥とか、歩きにくい、とか、もしそのような効率を考えなかったとしたら、もしかしたら皆んな、ひきずるくらい長くしたいのではない?その方が景色として美しいのでない?という思いから、(思い込みから?) 美しさを求める人間の本能に沿わせつつ、出来るだけ現代の日常に使えるラインを求めました。そして、このパンツはアンナプルナシリーズと名付けています。アンナプルナは、サンスクリット語で「豊穣の女神」を意味するヒマラヤ山脈に属する山群🏔アンナプルナには、色が納まる場所があるそうです。その次元の部屋に行くことができた方が聞いた言葉は、 「あなたは世の中にこの色を体現していかなきゃいけない」この話を聞いて、アンナプルナに魅了されました。いつか色をおさめられるようになりたい。それぞれの色を体現することが、この世に生まれた意味なのかもしれないと思います。自分の色はどうやって見つけるのか?夢中であること、嘘がないこと。ここから色がみえてくる。よりたくさんの美しい色を見たい私は、がんばっている女性たちの着る物を作りたいと思うのです。ぜひアンナプルナシリーズを体感して欲しいと思います。美しいものが大好きな方からのご連絡を楽しみにしています。アンナプルナシリーズワイドロングパンツS・M・L の3サイズ ¥13000+送料¥360¥14000+送料¥360(生地により変わります)麻100%で作ります。生地の色、風合いは色々です。ご相談です。#麻の服 #アンナプルナシリーズ

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

梅雨もまた良し

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

天気予報では、水曜から晴れ☀️になっている。

 

梅雨はジメジメでやだなーと思っていたのだけれど、運転移動の時や、海に行く時は、案外曇り空の方が過ごしやすい。

 

 

千里浜に行きました。

 

作っている服の写真も撮りたかったから、娘にも着てもらった。

ハンガーに掛けた状態で撮るのって難しくて。

やはり洋服は身体を通した状態が本領だわね。

 

 

しかめっ面か?眩しいのか?と問いたくなる。精一杯笑ってた記憶しかない。

f:id:bobyuki:20190721101927j:plain

 

 

まあ、付き合ってあげますよ、の表情やね。

f:id:bobyuki:20190721101852j:plain

 

 

これを食べたかった!ホタテ最高

 

f:id:bobyuki:20190722133250j:plain

 

 

めっちゃ笑ってる。

相当楽しいようです🌊

 

f:id:bobyuki:20190721112335j:plain

 

ずっと首から上だけひょっこり出していて、つるっとした頭がネッシーみたいで🦕かわいい。

海水が薄暗くて湖みたいしね。

 

今年は海水がすごく冷たい。

私は腰より上はムリだった🥶

 

 

先週も撮影とホタテを目当てに海に行ったのだけれど、波が高くて遊泳禁止日でした。内灘海岸。

今回はリベンジで羽咋でした。またホタテを食べにいきたいです。

 

 

先週のインスタ^ ^

 

https://www.instagram.com/p/Bz4Rh22ntCE/

アフリカ布のドレス👗#アフリカンテキスタイル

 

 

https://www.instagram.com/p/Bz8I5D4HPkP/

 

浜茶屋開いてなかった‥貝食べたかった人‥梅雨が明けないとなのか?羽咋の浜茶屋は開いているらしい。#アフリカンテキスタイル 貝柄

 

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

bobyuki.hatenablog.com

夢を見て、つらつらと考えたこと。。。。

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

今日は、すごく長く夢を見て、

私はあまり夢を見ないというか、記憶していることがないので

ちょっとびっくりだった。

 

それで、登場人物である亡くなっている母方の祖母の事を思い出していました。

 

祖母は91歳で亡くなったのですが、

もうかなり痴呆症がある時に交通事故にあって、

いよいよ病院生活になりました。

 

 

老人は、治療などで少しの間でも動けなくなると、

もう自力では立つことができなくなるというけれど、

祖母もそうなりました。

 

 

立てない事を自覚出来ず。それでも元気で腕力はあるので

ベッドから降りようとする。

何度止めてもやらかすらしく、ケガするので

とうとうベッドに固定されたんですね。紐だったかで。

 

そこからの衰えは急だった。

記憶も元気も。

 

当時もう車を運転できた私は、

母と交代で1週間おきくらいかな?

通った記憶があります。

 

 

で、病院の洗濯機を回して、

祖母の様子を見に行くと、寝ていたり、

起きていても私が誰だか分からないようで。

でも色々と話したかな。

 

 

私の母は、私を産む前後の数ヶ月、

実家に戻っていて。(6ヶ月はいたのでは)

小さい私をおんぶしている祖母の写真が何枚かあります。

 

 

子供が出来なかった祖母は、

6人産んだ姉から、

私の母を多分小学生くらいの時に養女として引き取りました。

(なので私には祖母が3人。事情を理解してない小さい頃は

ばあちゃんって、3人いるのが普通だと思っていた)

祖母にとっては私は、初めて面倒をみる赤ちゃん👶だったのですね。

 

 

 

病院では車椅子に座っている時もあって、

その時も、降りようとして危ないので

肩から腕を固定されているのです。

 

かわいそうにも思ったけれど、

看護師さんの立場も分かる。

 

 

で、行くといつものように、

誰だかわからない私と喋るわけです。そして、

「潰れる」

とか言う。

 

???と聞いていたら、

「赤ん坊がつぶれる」と。

???

「ゆきちゃんがつぶれる」

って言っている。

 

 

あー、

車椅子の背もたれに、紐で肩をしばられているから

おんぶしている感覚になっていて、

そして、背中と背もたれに隙間が足りないから

私がつぶれるって言っているのか。

 

わー、

私、ここにいるんだけどな。しかももう大きいし…。と、

その時は妙な感覚で。

でも、不思議に切ないとかではなく、

私を覚えているんだ、となんだかうれしかった。

そして、痴呆とかアルツハイマーになっても

昔の事は覚えているとか言うのはこれかと。

 

 

この事を思い出すと、

体感ってすごいなと思う。

40年以上前の記憶が、

体感覚を通して思い起こされているんだと思う。

人間って感動だな、と思う。

 

 

今回の夢で何かを知らせに来たのかな?とか

珍しくそんな事を思っていたら、

祖母の居た美川は、7月がお盆だと思い出しました。

今だわ🌼💐

 

 

 

夢では、

よぼよぼなのに、若い人たちに付いて

ひたすら歩く祖母。

 

歩きたかったよね。と思うし、

元気でまだ可能性があった時に歩く事を諦めさせた事で、

気力を奪ってしまったことを

ちょっと考えてしまう。

 

 

何がそんなに忙しかったのか?

何が自分の本当の喜びなのか、とか。

 

 

祖母はチャンスを与えていてくれた。

なんの生産性もなさそうな事を

もっと祖母を通してやればよかった。

自分を見ることが出来なかったから、祖母にも同じようにしか出来なかった。

本当に自分の事を考えているのならばやれた事を

今になって考えつく。

そして、それが、これからの未来や子供達に渡していける

ものだった。

今さらだけど、気がつけてよかった。

 

 

今日選挙に行っとこ🗳

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

道(どう)の続き

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

前回の記事

ヨガ道 - ヨガエネ日記

 

一秒一秒、最適な位置を探っていく事は、

一瞬一瞬、快適な状態で在るようにするわけで、

その快適は、リラックスだけではなくて緊張感も含まれている。

最適解というか、最も的確な場所にいる感じ。

 

 

「ラインに乗る」というのは、この延長線なのでは、、、

これが、5チャクラのラインって事??

など、

日々、ほんのちょっとしか練習をやれない根性なしにでも、

線になる前の点が見えてきた。

 

 

自分を最適の位置に配置するというのは、

自分の身体にも心にも、秒単位で寄り添う事。

 

 

自分が、自分にとっての最高の執事でありたいと思う。

慌ただしく忙しい自分をサポートするのではなく、

(それだったら他の人に依頼したらいい)

じわじわとラインを探っていく時間を与える執事。

自分の事を毎秒気にかけてあげるなんて

自分にしかできない。

 

 

 

 

こればっかりは、努力の積み重ねでしか得られないのかも。

という事は、時間も積み重ねた結果でもある。

時間をさかのぼって得られることではない。

こういう時に、時が経つ、という事をありがたいと思うわー。

 

 

不意に努力の方向性を間違えそうになるけれど、

いや、間違えている事がしょっちゅうだけれども、

そんな時間の使い方を律する執事をいつでも思い出したい。

リラックス《陰》と、

緊張《陽》が

融合している体感が日常であれば、

それは、傍目にも美しい。

茶道のお点前のような。

能のすり足のような。

 

 

この在り方は、

日本独特のものなのか、東洋全般のものなのかわからないけれど、

日本人は得意なような気がする。

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

 

ヨガ道

ヨガクラス 2019 - ヨガエネ日記

 

お問い合わせ - ヨガエネ日記

 

 

ヨガを始めてから、

自分の身体を知っていくことと人生の気づきが並行していくことになった。

 

テニスをしていた学生の頃に、

今くらい身体への探究心があったなら、

もっと上手く出来ただろうにとか。

もっと体を面白がりながらやれたのになとか。

 

今思えばあの頃は、非効率に動いても

有り余る体力があったのだねぇ。。

 

どんな事をするにしても、

最初はやり方が分かるまで、とにかくやる。

そしてそこからはどうしたらよりよく出来るか「探る」。

どちらも、《やる》ということではあるけれど、

探るは内の作業。

そして、創造というのは探るという行為。

 

例えば、カップでコーヒー☕️を飲むとして

右手で持ち手を持って口に運ぶというだけなのだけれど、

人それぞれ違うと思う。

 

 

私の場合だけれど、

カップを持つだけなのに肩も上げて、胸も張る。

横隔膜より上の筋肉を無駄に硬くして使うことが長年癖になっていて、

体型にも現われている。

 

 

 

コーヒーを飲む動作くらいなら 表面上、美しいっぽい動きをする事は

簡単なのかもしれない。

だけれども、見る人が見れば、

身体のどこの部分に力が入っているか、息を止めているか、

付け焼き刃かどうか分かってしまう。

 

美しい動きにはある程度の共通点があるなと思う。

上半身に無駄な力みがない事。

お腹の力と足の力があってこそ、それは可能。

 

 

カップを持つ力はどこから?と考えるに、

手の握力、とか、腕の筋肉、とかなのだろうけれど、

それらの大元は腹(肚)だと思えていた。

 

なのにその腹説さえも、ん???と感じる時が出てきて。

 

あ、腹の大元はかかと🦶やん…。

 

かかとに重心がかかっている時は、

腕が重みを感じずに上がる。

それどころか、かかと重心でないと腕を上げるのが疲れる。

 

 

かかと重心の身体の使い方は、

みぞおちと膻中(だんちゅう)を硬くしていたら出来ない。

という事に最近気がついた。

 

そして、かかとの更に下にあるものが

本当の大元なのではないのか、という予感が、

もうすこし実感を伴うまでになれたらいいなと練習している。

 

 

そこを訓練?する独特のボディーワークを

エネルギーの学校で教わっている。

私はその感覚をヨガに持っていく事が実験。

 

 

ヨガをとにかくやる、

というところから

「探る」というふうにやっていくと、

何度もした事がある同じアーサナに隠されたものを

見つける事ができる。

 

 

道(どう)というのは

ひたすらに探る行為のことなのかもしれなくて、

道になるかどうかはやり方次第なのだなと思う。

 

 

bobyuki.hatenablog.com

 

bobyuki.hatenablog.com