エネヨガ日記    

エネルギーを学びながらヨガをしています

ヨガのちょっとの動きで、エネルギーを知っていく。

プロフィール bobyuki.hatenablog.com


座った姿勢から動き出す時に

ふとももが

内旋の動きをするように

体内部に働きかけるだけで

ずいぶんと力がつく。


正座から四つ足へ、

の動きというのは

意識しなければ

一瞬の移行。


それを

足や腹に意識を下ろしたままする。


私の場合、何も意識しなければ、

腰をやや反らせて

背中上部を使っていた。


小さい動きをじっくり見ると

癖があり、

長年の蓄積から

今の体型に繋がっている事が

想像できる。


いつからそういう

身体の使い方をしていたのかまで、


「なぜだろう?」


を巡らすことは、

心の使い方の癖をつけてきた

個人の歴史を遡ることになる。


身体と心との繋がり。は

もう常識。

身体から取り組んでいったり

心から取り組んでいったり。

私は、

ハタヨガから取り組んだ

身体から派だった。


身体から、

心から、

卵が先かニワトリが先か、

とにかく両方で。

最近になってやっと

エネルギーにも目を向ける事ができてきた気がする。

何年エネルギーの事を

学んできているんだよ、

と、自分につっこみたいが、

まあ、しょうがない。


肉体、感情、思考を

明確に分け、

感情を肉体の下に降ろす事が

エネルギーを感知していくための

最初の行い。


私の場合は

多くはヨガの動きを使って

それに近づけていく。


座った姿勢からの四つ足、

このちょっとした動きでも

感情を下に降ろす為の力を

つける事ができる。


色んな動きから

発見していきたい。